« W杯雑感③ | トップページ | 千島移籍する。 »

2006年6月19日 (月)

【W杯クロアチア戦】

 「勝てた試合」と言う人がいました。それは、どうかな?引き分けが決まった瞬間、TVの現地の映像から、引き分けに喜んでる女性が、大写しになった。ネット等で批判している人いるが、負けなくて良かったというのが正直な感想。

 クロアチアはアッレクス・宮本のサイドをスルナを中心に攻めて来る。福西が対応に追われ、攻めの部分では全く、消えてしまっていた。しかし、決定的なチャンスはPKを含め、圧倒的にクリアチアが多い。

日本の決定的なチャンスは加地が右サイドをえぐり、柳沢のGK股抜き、枠はずれシュートだけだったような気がしました。

暑さからか、後半は双方足が止まり、グダグダの試合となるが。オーストラリア戦の反省からか、最後まで集中力は切れることなかった。

ジーコも選手交代も早めに行う。しかし、先発した小笠原は不発、途中交代の玉田・大黒は何をテーマに試合の望んだのか、良く分からない。

実質、アウエイの真剣勝負で初勝ち点を、ヨーロッパの中堅強豪国から、あげたことをよしとしましょう。

さて、次試合はブラジル戦、TVではいかにしたらブラジルにかてるか、やっていたけど、これこそ「とらぬ狸のなんとやら」。岡田ノビタが、ジーコがブラジルチームに宜しくと声を掛ければよい、その通りだと思うよ。ジーコは、国の英雄。それがわざわざ、地球の裏側のサッカー弱小国の監督やっている。かたや、ブラジルは早々と予選突破。お国の英雄に花を持たせてもよかろう。

 いずれにせよ、次の試合は今後の代表につながるか、どうかの重要な試合だと思う。選手は日の丸をつけて戦うことの意義うぃ十分に考えて欲しい。勝つにせよ、負けるにせよ、次に繋がる試合を期待します。

                                      以上

|

« W杯雑感③ | トップページ | 千島移籍する。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【W杯クロアチア戦】:

« W杯雑感③ | トップページ | 千島移籍する。 »