« ヴァンフォーレ戦チケットの件(2) | トップページ | 駒場スタジアムについて »

2006年6月 3日 (土)

ナビQF川崎戦(6/3@駒場)

 終わってみればワシントン祭りというところですか。7点も得点シーンが見られ、得したような気分ではあるが、勝ったから良かったようなものの、大変疲れました。去年もそうでしたが、この両チームの試合はとにかく点が入るから、面白い。

 浦和は、ポンテが復帰、怪我が心配された闘莉王も先発、サイドは山田と相馬、ワシントンの後ろにポンテ・永井、長谷部・啓太のボランチ、DFはウッチー、闘莉王、堀ノ内の布陣でスタート。かたや、川崎はジュニーニョ・我那覇・マルスクの3TOPに近い布陣。

 立ち上がりから、テンポよくボールがつながり、1点目は相馬が相手との競り合いに勝ち、そのまま縦にぬけてあげたクロスにワシントンがHS。さらに、その後ポンテが永井からのスルーパスに抜け出し、GKと1対1になるがセーブされる。しかし、この時間帯から、徐々に川崎のペースとなる。川崎の3TOPは下がってボールを受けることが、少ないので前後分断するように、パスの出所を押さえれば、というかパスをさばく人材がいないと思ってみていたが、さにあらず後ろからの押し上げもよく、前の3人とのコンビも良い。川崎が好調なる理由がよく分かった。特に、マルクス・マルコンの左サイドからの攻撃は秀逸。左サイドからの崩しで我那覇・ジュニーニョにボールが渡ると危険な状態になることが多くなる。

 失点は、マルコンが右サイドに流れ、マークがずれノーマークとなり、はなったシュートがジュニーニョの前にこぼれ、サイドネットにたたきこまれる。続いて、マルコンが左サイドを破り、2列目より上がってきた中村がゴール。その後も、左サイドを中心の川崎に蹂躙され、1-3、1-4になってもおかしくない様な、青息吐息の状態で前半終了。

 後半から、ギドは山田に代え平川を投入。これが、今日の試合のポイントとなる。浦和は後半開始から怒涛の攻撃。特に平川が入った右サイドは、平川の裏のぬける動きに対してポンテ・永井から再三スルーパスが出るようになる。特に平川は縦に抜ける意識が高いため、前半は面白いようにやられたマルコンが守備に追われ、上下動を繰り返させられるようになり、スタミナを失う。

 2点目はCKからのこぼれたボールがワシントンがゴール。一気に盛り上がる駒場だが、川崎もしたたか、中村のスルーパスからマルクスが抜け出し、山岸も冷静にかわし、再び勝ち越し点を奪われる。オフサイドのような気がしました、どうでした?また、今日のゲーハー奥谷、レフリングの基準があいまいで両チームの選手ともいら立っていましたね。ギドも審判に対しては怒り心頭の様子で、スーツを地面に叩きつける場面もあり。(結局、またスーツは着たけどね。)

 はて、ここで川崎は?の選手交代を行う。うまくボールをさばき攻撃の基点となっていたマルクスを下げ、DFの佐原を入れる。残り時間も25分もある時点で守備固めをするか、非常に疑問なところ。この選手交代は闘莉王が前線に上がり、パワープレーを行うようになてからでも遅くはないのでないか。はたまた、マルクスは怪我でもしたの?これは、明らかに関塚監督の采配ミスです。

 選手交代した直後に、永井のスルーパスから右サイドをえぐった平川のクロスからワシントンがハットトリック達成!取った時間帯、タイミングとの最高の得点でした。

 マルクスの交代により、川崎のバランスは崩れ、今まで展開していた攻撃が全くできなくなる。トップの我那覇・ジュニーニョは完全に孤立し、良いボールが全くつながらなくなる。また、前半、浦和の右サイドをおもしろいように切り裂いていたマルコンも、平川の対応に追われ、運動量もがた落ち、最後の方は足が完全につっていた。

 4点目も、平川からクロスがPA内でワシントンにこぼれ、また「あやしげなステップ」全開、川崎のDF陣をこばかにするように振り切り、ついには勝ち越し。その後、川崎も選手交代するも一度失ったペースを取り戻すことなく試合終了。

 しかし、勝つには勝ったが川崎強しの印象。3TOPとの攻撃のからみ具合、おしむらくは千葉ほど走力がないこと。後半は明らかに運動量が落ちていた。あと、セットプレーは要注意!あれだけ長身選手がいますから。1stレグが終わって1点差の勝利。SFに勝ち上がるにには、負けないことが条件。

Img_0967 Img_0973 Img_0963 Img_0979

画像挿入しましたが、全然ダメダメですね。もう少し修行します。

 

|

« ヴァンフォーレ戦チケットの件(2) | トップページ | 駒場スタジアムについて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ナビQF川崎戦(6/3@駒場):

« ヴァンフォーレ戦チケットの件(2) | トップページ | 駒場スタジアムについて »