« Gパンを買ってくる | トップページ | W杯雑感⑥ »

2006年6月28日 (水)

W杯雑感⑤

準々決勝に進出する8チームが決まりました。8チーム中、6チームがヨーロッパ勢。今回の特徴ですね。
6チームが、予選1位抜けで、順当な結果と言えるので、ないでしようか。
注目のカードは、ドイツvsアルゼンチンではないでしょうか。徐々に調子を上げて来ているドイツ。クローゼが好調を維持している。加地を削った7番も、若いが非常に良い選手です。バラックの調子が、イマイチ上がってないのが、気になりますが、地元の後押しを受け、決勝までは行くのではないでしょうか。
アルゼンチンは、予選1、2戦の好調さに陰りが見えて来ている。メキシコ戦は120分の戦いとなり、選手に疲れたが貯まっているのが気掛かりですね。
しかし、能力ある選手多く、ペケルマンが選手をうまく使いこなしてる、から大丈夫か?
この勝者が、決勝でブラジルと当たると予想します。

|

« Gパンを買ってくる | トップページ | W杯雑感⑥ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: W杯雑感⑤:

« Gパンを買ってくる | トップページ | W杯雑感⑥ »