« 興国の一戦ここにあり! | トップページ | W杯雑感 »

2006年6月13日 (火)

【W杯オーストラリア戦雑感】

負けてしまいましたね。やはり、現実は厳しい〜す。
点を取られるまでは、完全な日本ペース。相手の高さある攻撃も、ポジションをしっかり取ることにより防いでいた。また、相手の決定機では、川口が神掛かりなセーブを連発。これは、望みようのない勝ちパターンでした。
勝負のあやは、追加点が奪えなかったこと。後半の中盤以降、相手の足が止まり、MFにスペースができて、駒野が右サイドを再三駆け上がり、いい形は作るが、得点には繋がらない。
最初の失点シーンは、ロングスローに川口飛び出すも、ボールに触ること出来ず、混戦から押し込まれる。今日の川口は、当たっていたし判断としてはいたしかたないところ。
2、3点目は、逆に日本の足が止まり、相手の交代選手にやられる。とくにジーコジャパンになり、駄目押し点を取られた記憶はない。
嫌な負け方で、いきなり崖っぷち。あとは勝つしかない!

|

« 興国の一戦ここにあり! | トップページ | W杯雑感 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【W杯オーストラリア戦雑感】:

» オーストラリアに負けた [The GLPC]
なんということだ。負けるなんて。しかも2点差つけられて負けるなんて。ありえない。なにやってんだ。 前半、とにかく相手の攻撃をしのいでカウンターという戦法は、高さのない日本にとっては仕方のない戦略だった。そして、日本のリズムとまではいかなかったけれども、なんとかしのいでチャンスも作った。 しかし、後半になって押される一方で、魔術師ヒディンクは攻撃的選手をガンガン入れてきた。正直、このあたりは予想できたことだ。1点を取るために前の枚数を増やすやり方は韓国を率いていた前回大会でも見せたやり方だ... [続きを読む]

受信: 2006年6月13日 (火) 10:47

« 興国の一戦ここにあり! | トップページ | W杯雑感 »