« 横浜戦(5/14@日産スタ) | トップページ | モブログ設定 »

2006年5月15日 (月)

Wカップ日本代表:久保無念の落選!

Wカップ日本代表が発表されました。

GK
土肥 洋一   1973.07.25 184cm 84kg FC東京
川口 能活   1975.08.15 179cm 78kg ジュビロ磐田
楢崎 正剛   1976.04.15 185cm 76kg 名古屋グランパスエイト
DF
田中  誠   1975.08.08 178cm 74kg ジュビロ磐田
宮本 恒靖   1977.02.07 176cm 72kg ガンバ大阪
加地  亮   1980.01.13 177cm 73kg ガンバ大阪
三都主     1977.07.20 178cm 69kg 浦和レッズ
 アレサンドロ
坪井 慶介   1979.09.16 179cm 67kg 浦和レッズ
中澤 佑二   1978.02.25 187cm 78kg 横浜F・マリノス
駒野 友一   1981.07.25 171cm 73kg サンフレッチェ広島
中田 浩二   1979.07.09 182cm 74kg FCバーゼル
MF
福西 崇史   1976.09.01 181cm 77kg ジュビロ磐田
小笠原満男   1979.04.05 173cm 72kg 鹿島アントラーズ
小野 伸二   1979.09.27 175cm 74kg 浦和レッズ
中田 英寿   1977.01.22 175cm 72kg ボルトン
中村 俊輔   1978.06.24 178cm 73kg セルティック
稲本 潤一   1979.09.18 181cm 75kg ウェスト・ブロムウィッチ
遠藤 保仁   1980.01.28 178cm 75kg ガンバ大阪
FW
玉田 圭司   1980.04.11 173cm 63kg 名古屋グランパスエイト
柳沢  敦   1977.05.27 177cm 75kg 鹿島アントラーズ
高原 直泰   1979.06.04 180cm 77kg ハンブルガーSV
大黒 将志   1980.05.04 177cm 74kg グルノーブル
巻 誠一郎   1980.08.07 184cm 81kg ジェフ千葉

とりあえずサプライズはないみたいに言われていたが、FWの中心となると見られていた久保は残念ながら無念の落選。今から思えば、久保は一昨々年の欧州遠征のころがピークだったか。チェコ戦でもの凄いミドルを決め、閉塞感漂うFW陣の中で玉田と組んだ2TOPは非常に期待を抱かせるものがありました。その後、2人とも怪我により、当時の調子を取り戻せないまま今日まで来てしまいました。思い返せば、最終戦の鹿島戦をエメのダイビングヘッドで2-2の引き分けにした時、空を飛ぶような滞空時間の長いHCで前後期制覇の完全優勝をはたした時の調子をとうとう取り返すことは出来ませんでした。腰痛→膝痛→足首と故障続きで、今までの功績によりジーコも特別扱いをしていたが、一昨日の出来をみてジーコも英断をくだしました。

 ジーコは久保の落選により、3TOPをしくみたいなことを言っているようだが、これは是非辞めてほしい、というか絶対やるな!機能しないから!3TOPやるなら、日本はアジリティーの高いMF陣がいるのだから、1TOP2シャドウをやって欲しい。柳沢1TOP,中田・小笠原の2シャドウ、あれそうすると中村の居場所はサイドかい。う~ん、これも現実的でない。

 02年の日韓大会のとき、日本はドイツ大会が成熟期を迎えるみたいな事言われて来たが、当時より進歩あったかい?下の世代の追い上げあったかい?99年のユース世代が中心になっているが、アテネ代表からのステップアップは駒野だけ?このへんが、現在の日本の惨状をあらわしている。余りネガティブなことは書きたくないが、本大会での3タコが見えてきた。

 報道ステーション見たが古館かっこ悪すぎ、中田「楽しむ」なんて甘いこと言わないで!「楽しむ」て言っていいのは、朝青龍と柔道の日本代表クラス。ドイツWカップ代表には、死ぬ気で勝ち点1でもいいからもぎ取ってくる覚悟で、死に物狂いで頑張ってきて欲しい

|

« 横浜戦(5/14@日産スタ) | トップページ | モブログ設定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Wカップ日本代表:久保無念の落選!:

« 横浜戦(5/14@日産スタ) | トップページ | モブログ設定 »