« 伸二についておもふ。 | トップページ | ウォシュレット壊れる! »

2006年5月 9日 (火)

日本代表 1 VS 2 ブルガリア戦(5/9@長居スタジアム)

 何の為の代表戦だったのでしょう?この時期、国内組だけでゲームをやる意味って何なんだろう?しかも、先発は浦和、鹿島勢抜き!サバイバルレース?この時期そんな余裕ありますか?あまり、ネガティブなこと書きたくないのだけれど、でてくるのはボヤキばかりなり。
 久保が体調不良にようで、玉田・巻の2トップ、遠藤トップ下での布陣でスタート。巻は相変わらず動きまくり、それなりのチャンスを演出していた、玉田は調子はそれ相応に戻ってきているようだが、いかんせん点をとる気配が感じられない。遠藤は、見せ場はゴール前でのヒールキックだけで消えていたよね。阿部は、顔をいろいろと出しており、まあまあのデキかな。相手の先制点は右サイドからノーカンでゴール前にボール送ったたら、たまたま見方がいましたという感じ。何万分の一の確率のプレーだったと思う。前半終了間際、村井負傷退場でアレックス登場。今日は休みのはずだったじゃないのか。アレックスの加入で左サイドのプレーは活気ずく。しかし、村井いなくなるとアレックスのバックアップは誰がやるの。一応、駒野は左サイドもできるようだが。
 後半に入ると日本が一方的にせめる展開になるが、ゴールをわることできず。しょうがないので、伸二・小笠原の投入。伸二の投入に日本の攻撃はさらに活性化を増す。左サイドからのアレックスのシュートに巻<s>が反応して</s>(に当たり)、ようやく1点を返す。その後、佐藤・長谷部と投入。しかし、なんで巻と佐藤の交代なん?同タイプの玉田と佐藤を残す意図は?うちならば、玉田と佐藤の2トップに闘莉王を上げるという選択肢もあるのだが~、
 伸二・小笠原・遠藤と99世界ユースからのメンバーでお互いのプレーをよく分かりあえ、以心伝心で通じあっていた。右サイドの加地君は消えてましたな。能力はあるのだから、もうちょっと積極的なプレーを見せてほしかった。
 終了間際にセットプレーから失点。飛び込んでくる見方に枠を外さない強いシュートを蹴るというのは鉄則だと思うが、あんなヘナチョコキックを反応できない川口君、チョット情けないよ。もう少し練習しようね。川口はネ申にもなるが、こんな凡プレーの出る。
 長谷部がロスタイムに惜しいシュート放つが相手DFに阻まれる。佐藤、阿部のいいところあったが今一、インパクトに欠ける。最近召集国内組でサバイバルに勝ち残るは巻だけか?ジーコの意図がよく分からなかった。ブルガリアは仮想クロアチアとのことだが、クロアチアってこの何倍も強くない?正直いって本番は不安になる。う~ん、この様子だと1分け2敗で予選敗退?まあ、後1ヶ月あるのだから頑張ってもらいましょう!

|

« 伸二についておもふ。 | トップページ | ウォシュレット壊れる! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本代表 1 VS 2 ブルガリア戦(5/9@長居スタジアム):

« 伸二についておもふ。 | トップページ | ウォシュレット壊れる! »