« ティアラに行く(2) | トップページ | 伸二についておもふ。 »

2006年5月 7日 (日)

第12節鹿島戦(5/7@埼スタ)

千葉戦の嫌な流れを断ち切ることができるかがポイントでした。浦和は堀之内が復帰し、山田が右WBという開幕時の布陣。かたや鹿島は青木・フェルナンドといったボランチ陣がいないため(何故いないか全然興味なし)小笠原がボランチという布陣でのスタート。
長谷部と啓太でうまく連携し、小笠原を高い位置で前向きでキープさせることなし。この辺は千葉戦で阿部にやられたこと長谷部は小笠原にやりかえす。小笠原が低い位置までボールを貰いに来て、そこから無理なパスを前線に送るから、パスをカットされ守備に忙殺されるという、鹿島にとっては悪い循環に、うちの守備陣は追い込んでいる。後半途中から2列目にあがるが、今度は試合から全く消えてしまう。

先制したのは浦和。右に流れたポンテから、2列目から駆けあっがた伸二がワシントンの前でジャストミート!という感じ。さらに、ワシントンの個人技というか能力でもぎとる。岩政にとられたボールをつついてエリア内に侵入、出てくるGK,内田を子供の如くかわしてゴール。キープ力のあるワシントンにエリア内であんなに冷静にプレーなれたらお手上げ。
アレックス・山田の両サイドもサイド攻撃の意識が高く、チームとしての調子は戻ってきている。アレックス対内田の対決は楽しみであったが、初っ端のプレーでアレックスに逆を取られ後は腰がひける、フィジカルの弱さはいかんせん高卒のルーキーではいかしかたない所、その弱点をうまく突いていた。やはり、山田はWBで使うのがいいね。パントキックからのターゲットになるし、WBで山田にフィジカルで競り勝つプレヤーはJにはいないと思う。闘莉王から山田のロングパスが何本かあったが、あれがコンスタントに通るようだと、うちはビッグチャンスが訪れる。また、山田を追い越して右サイドの流れる堀之内にが、ボール出してあげて!絶対にフリーになるから。
山岸のプレーも安定感あり、アレックス・ミネイロのHSも冷静にパンチングする。危ない場面は、これと堀之内がミネイロにボールをかっさわらそうになった場面くらいか。
後半に入り早々に伸二にループシュートで3点目、勝負の大勢はこのゴールできまる。終了間際にワシントンがPKゲット(イーブンボールのような気がしたが)
いろいろと批判もあったが、伸二は伸二!千葉戦との決定的に違ったのはゴールへの執念。伸二にはボールキープではなく、常にゴールへの意識をもって欲しいし、結果も残して欲しい。伸二がゴールするとスタジアムの雰囲気自体が変わるのだから。
その後、ポンテ→永井、伸二→ウッチー、アレックス→相馬と交代したが、もう少し早い時間帯に、若手を試すような交代してもいいのでは。酒井もしばらく試合出てないので、酒井を使ってもよかったのでは。
これでリーグ戦はWカップのため7月19日のアルビレックス戦まで中断。ナビスコ予選3試合あるが、セル・細貝・赤星ら若手を積極的に使って欲しい。(ごめん、赤星は怪我だった。)

Img_0937_1 <img
バック側のペデストリアンデッキに屋台でてました。

Img_0941_1  <img
鹿島なのでビジター席もそれ相応にうまっていましたが、この席割りだと緩衝帯とりすぎでないか?左右に20席×50段×2=2000席は無駄にしている。今日の入場者が57,000。

Img_0939
<img

また、メインアッパーの記者席(?)ここもガラガラでしたね

今日は携帯でなくコンデジで取りました。

|

« ティアラに行く(2) | トップページ | 伸二についておもふ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第12節鹿島戦(5/7@埼スタ):

« ティアラに行く(2) | トップページ | 伸二についておもふ。 »