« オシム語録 | トップページ | 日本代表 FW について思う »

2006年5月 3日 (水)

第11節ジェフ千葉戦(5/3@フクアリ)

チケ争奪戦に敗れたため、今日はテレビ観戦。
完敗・惨敗です!。ジェフとの走力・組織力の差は歴然。福岡、京都、大宮あたりの下位チームなら個人の能力でもって何とかできたが、ジェフレベルになると何にもできず。
とにかく前半はまったくのジェフペースで0-0におさえたのは守備陣の集中力のおかげ。しかし、オフサイドにはなったけど巻のゴールは素晴らしかったね。巻の動き出しについていけず、球際でもからだを入れられる。長谷部が散発的にドリブル突破をはかるが、単発にとどまる。阿部の守備が効いている。伸二・ポンテにいたってては、全く消えてしまっており、キープ力があるがため、周りとの連携がないと、逆に持ちすぎになり相手にかこまれて、ボールを失う。アッレクス・平川の両サイドは、アレにボールはいくが体調不良のせいか、いつもの切れ味なし。平川もDF陣からのロングパスに何度かからむくらい。啓太の出場停止が全く痛い。動きがあり、バランスをとる人いない。闘莉王あがった時は山田がカバーリングしてたな。このへんは山田の能力の高さが。内館はスットパーでは厳しいか、巻のように体力あるFWに体よせられると、競り合い負け。

後半に入ると長谷部→細貝、伸二・内館が一列ずつあがる。内館の運動量によりセカンドボールを拾えるようになったが、局面の打開にはいたらず。ジェフの運動量が後半は落ちると思ったが、それ以上にうちの運動量落ちる。浦和の決定機はポンテがループ気味に狙った1回きり。平川→永井に交代、永井も守備に気をつかうあまり、見せ場はシトンと絡んだ1回のみ、シトンと永井は相性いいのでは、というかシトンの1トップでなく、2トップをそろそろ試したらどうだ。伸二・ポンテはシトンを追いこして裏にでるタイプでないので、どうしても個人の力に頼りきり。それは達也が復帰してからのこととなるのか。膠着を破ったのはジェフ。ハーフィウェイ左サイドよりエリア内の佐藤→巻で豪快にたたきこまれる。この時点で、今日の試合は終了と同じ。それ後、山田→岡野・闘莉王のパーワープレーとお決まりの展開となるが、岡野にはスペースなくなり見せ場なし、闘莉王も巻につかれてはなすすべなし。ロスタイムにカウンターからやられ、万事休止!

もう少し組織力が生かせるフォーメンションを考える時期にきてるかも。伸二・ポンテのシャドウーだと今日のジェフレベルのチームに対抗するの厳しい、
       シトン 達也(永井)
   アレ  ポンテ(伸二)  山田(永井・平川) 
      長谷部    啓太
    坪井  闘莉王  堀之内 
        都築
こんな感じ、今日の試合みたら、伸二とポンテを同時に起用するには多いに問題ありとみる。下位のチームには良いが、組織力・運動量のある今日の千葉のようなチームには歯が立たない。

巻について一言。今日の君の気迫、前線からのボールのチェイシング、動き出し、出来は素晴らしいかったよ。闘莉王についたのもオシムの指示でなく、自分で考えやった事だって。もう手巻寿司とは呼ばないよ。

去年の様子
(1)蘇我駅おりて一直線間違えようがない。交通整理ごくろうさん
20051123115226

(2)この歩道橋が帰りのネック
20051123115422

(3)最新のスタジアムにしては安普請
20051123115859

(4)ゴール裏最後部より(開門1時間前に一人で並んだがここしか空いていなかった)
20051123133601

|

« オシム語録 | トップページ | 日本代表 FW について思う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第11節ジェフ千葉戦(5/3@フクアリ):

« オシム語録 | トップページ | 日本代表 FW について思う »