« 達也復活ゴール! | トップページ | 衣替え »

2006年5月31日 (水)

日本代表戦(5/31vs ドイツ)

 申し訳ないが、後半のみの観戦。しかも、出勤の準備をしながらで集中して見ていたわけでないので、間違いあったら御免ね。

 2ー2の引き分けだったが、勝たねばいけない試合。後半20分迄の攻撃はよかった。1点目は、CKからのボールを奪い、中村がボールをキープし、柳沢につなぎ、ワンタッチで高原へ、高原はレーマンとの1対1を落ち着いて決めた。2点目は、駒野からクロスを受けた高原がDF二人を強引にかわそうとしたボールが、高原の前にこぼれ左サイドネットに突き刺さる。また、点が入る前にも、アレックスからのアーリークロス受けた柳沢の惜しいシュートあり。攻めに関して言えば、チームの統一感が感じられた。やはり、中村が加わったことにより、ボールの落ち着き所が出来、安心して見てられた。良くも悪くも中村のチームになった印象。
サイドのアレックス・駒野が積極的に攻めに出ていた。特に左サイドにいる中村から右サイドの駒野へのパスは非常に有効でした。
これに対してDFに関しては課題か浮きぼりになった。失点はいずれもセットプレーから。2点とも、背の低いDFが狙われた。1点目はクローゼにポジション争いで負けての失点、無様にこけていたのは宮本か?
 2点目にしても、相手の7番、トイメンの駒野との身長差が10cmある相手にニアに飛び込たれたら、防ぎようはない。高さ・強さでいえば、オーストラリア・クロアチアともドイツ並み、修正が望まれる。田中誠が離脱して、召集されたのがモニワ?高さがあり人に強い闘莉王・松田という選択は無かったのか?

 日本、大健闘という声もあるが、ドイツの出来はどうだったのか。バラックも、高原の2点目をアシスト(?)してるし、後半は全くねているような出来だったと思うし、DF陣もあんなに簡単に裏を取られているし。勝たねばいけない試合だったね。

 加地が前半で負傷退場。追加召集うんぬんされているが、やはり右サイドは加地だと思う。うちの山田だが、2年も代表からはお呼びがかからないから、行ってほしいが現実的には厳しいか。しかし、今日のように2-0になった時点で、山田の守備力&フィジカルの強さをかって召集と手もあるだろうが・・・・・

 追加召集あるとするなら、やはり松井かな。また、伸二が右サイドで出てくる可能性もある。フェイエでは確か右サイドやった経験ある。しかし、これはトルシエ的発想でジーコは採用しないだろう。

|

« 達也復活ゴール! | トップページ | 衣替え »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本代表戦(5/31vs ドイツ):

« 達也復活ゴール! | トップページ | 衣替え »