2017年3月20日 (月)

やまどりの旅

JRのリゾート列車のやまどりを利用して熱海まで行って来ました。リゾートやまどりでは、過去、足利フラワーパーク行きの藤まつりやまどり、越後湯沢までのもぐらループやまどり、そして今回の熱海行きのいで湯やまどりと乗りました。
ゆったり座席のリゾート列車で鉄旅を満喫できるのは有り難いです。またら帰りは車の旅とは違い飲んで帰れるのは最高です。
今日も、小田原の地魚の刺身定食に昼呑みの日本酒熱燗、熱海で日帰りの温泉に入り、帰りの電車ではビールとチューハイでほぼ廃人へ。吉田類の酒場放浪紀とあいなる。
万座鹿沢口、高尾山、富士急の富士山、勝浦、成田、まだ行っているところは多いようです。車内販売が無いのが辛いとこかな。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月10日 (金)

速報甲府戦

ACLの関係で金曜開催となる今日の試合、柏木は今日も欠場。
スタメンは、
FWーラファ
MFー興梠、武藤、宇賀神、関根、阿部、青木
DFー槙野、遠藤、森脇
GKー西川
サブは、榎本、那須、駒井、菊地、矢島、李、ズラタン。ラファがスタメン、前の3人の攻撃に期待ですな。主審は松尾。
前半、甲府は5バックで守るが、前から結構来ている分だけ中が空くのか、立ち上がり武藤がGKと一対一になるが、GKにセーブされる。浦和がボールを支配する展開こわ続く。右からのクロスにラファがフリーでヘッド打つが、GKがまたもセーブ。
甲府が攻める場面もあり、右サイドクロスからのシュートはクロスバー直撃。西川のキックも安定性に欠ける。
後半、槙野、阿部のドリブル突破よりチャンスを掴むがシュートにはもっていけない。嫌な雰囲気が漂い出したが、森脇、関根のコンビネーションで関根が裏に抜け出す。DFにワンタッチしたボールに興梠が反応して浦和が先制。またもや、関根がDFの裏に抜け出して武藤にどんぴしゃりのクロスで、武藤がヘッドを決めて追加点。
ここで余裕をましてか、槙野→駒井、阿部をDFにさげ、駒井ボランチ。した途端に甲府に点を取られる。李を投入、関根のシュートの跳ね返りを李が詰めて追加点。仕上げは、前プレで奪ったボールにラファが抜け出して、GKのアタマごしにループシュートを決める。那須をクローザー投入、駒井 はサイドへ。選手起用の選択肢は増えた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鹿児島指宿に行って来た!

今年で5年目になる鹿児島指宿旅行!目的は浦和のキャンプ見学、指宿キャンプは鉄板かと思い、去年の10月には飛行機、ホテル、さらにはレンタカーまで予約してしまった。その後、がーん、浦和のキャンプは1次2時とも沖縄開催。やってしまいました。情報をしっかり入ないのが悪い。まあ、でも暖かで指宿の温泉も悪くは無いと思い、予定通り鹿児島へ。
いつもの、LCCのジェットスターで、成田は第3ターミナルが、出来たのでボーディングボードで搭乗できる思っていたら、まさかのバスでの搭乗。当日は雨も降っており、結構難儀をしました。
鹿児島空港に到着し、今回はレンタカーを借りる。初日は16:30の到着で、鹿児島のドルフィンポートにあるみなと食堂で刺身定食が今日の夕食、美味しい魚を頂きました。


今日の宿は、BWレンブラントホテル鹿児島で、鴨池球場のそばで、ちょうどキャンプをしている磐田のトレーニング場になっていました。中村スンスケを見るのも一興かと思いましたが、やめました。本日は天気が、悪く普段ならホテルの目の前に見える桜島も、見えず。スパはありましたが、水着着用という事で入るのを諦めました。


翌日は鹿児島観光でしたが、天候は昨日より更に悪くなり雪が降ってくる大荒れの模様でした。桜島にもフェリーで行きましたが、全く桜島は拝めず。帰りのフェリーから少しでけ拝めました。


あいにくの天候で鹿児島観光は早めに切り上げ、指宿に移動、雪は更に強くなり、指宿スカイラインは通行止めになる。指宿の宿は、指宿シーサイドホテルで、砂蒸し風呂で有名、早速砂蒸し風呂を頂きホテルでまったりと過ごす。


翌日は、指宿観光、いわさきホテル、池田湖、開聞岳、フラワーパークを巡り、昼飯はお決まり温たまらん丼、山川漁港の鰹のものを頂きました。








ようやく、帰りの桜島PAから、桜島が拝めました。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 4日 (土)

速報C大阪戦



快勝の後のリーグ戦、ACLは快勝だったが、最後のサイド攻撃にバイタルがら空きの後味悪い終幕、修正されているかがポイント。
スタメンは
FWーラファ
MFー興梠、武藤、宇賀神、関根、青木、阿部
DFー槙野、遠藤、森脇
GKー西川
サブは、榎本、那須、長澤、菊地、矢島、李、ズラタン。阿部はスタメン復帰、駒井がベンチ外でミシャは、選手のコンディションを考え徹底してターンオーバーはやってくるのだろうな。柏木ベンチ外でボランチの序列1位は青木か。主審は飯田。
前半、C大阪は柿谷、蛍、杉本と名前を聞いたらいけそうなメンバーだが、余りに形にこだわり過ぎて、長所である個人技を活かす場面がない。中の守備を固めてくるのは浦和対策としては鉄板ではあるがC大阪の良さが全く出ていない。
浦和は前ブレスを掛けて来ないので、ボールをキープしてサイドから攻めるが、中を固めるC大阪の守備を崩せない。しかし、遠藤の中央からの楔のパスが武藤に渡り、武藤が豪快にシュートを決めて浦和が先制。浦和はその後も主導権を握り、右サイドから武藤→ラファとパスが渡り、ラファのシュートはセーブされるが、セーブされたボールを興梠が詰めて追加点。C大阪は前線の杉本に全くボールが収まらないので、ノーチャンスだった。
後半、浦和はコンビネーションこらのパスプレーでC大阪を圧倒。中を固めているC大阪だか、浦和のコンビネーションプレーで中央から崩される。
青木のカットからのパスを相手DFと入れ替わってGKの頭越しに浮かせて決める。一歩で相手を抜くラファのスピードは圧倒的。その後、セットプレーで1点返されるが、大勢に影響なし。李、ズラタン投入し、那須はクローザーで無難に仕事をこなす。浦和は誰が出ても安定した力を発揮出来るようになっていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月28日 (火)

速報ACL①FCソウル戦

来たー、ミシャ得意のターンオーバー。
スタメンは、
FWー興梠
MFー武藤、李、宇賀神、関根、青木、駒井
DFー槙野、那須、森脇
GKー西川
サブは、榎本、遠藤、長澤、矢島、菊池、ズラタン、ラファ。前の選手を弄って来るのは分かっていましたが、ボランチになんと駒井をスタメン抜擢、相方は横浜戦で負傷退場した青木を起用、阿部はベンチにさえいない。また遠藤に代わり那須をリベロで起用。連戦を勘案した選手繰りは出来るような体裁は整えた。主審は

前半、前の3人のコンビネーションがよい、特に李がキレキレ。李起点に興梠が幹サイドに流れて武藤のへっが決まって先制。その直後、駒井からのバスを受けた李が冷静に決めて追加点。
FKから1点返されるが、武藤の突破から関根にパスが通り3点目。必死になったFCソウルにボールを支配される展開が続いたが、冷静に対応。前から来るFCソウルの裏を取り、李の突破から宇賀神のあたり損ないのシュートが決まり、4点目。更に駒井のシュートが決まり5点目。FCソウルは中の守備がルーズ、GKも挙動不振ではこの失点も止むを得ない。
後半、浦和はFCソウルの攻撃をいなしての、カウンター狙い。駒井のボランチはあの位置でのボールキープは安全第一が肝要かと思うが、トリッキーなプレーも、ハマった時は良いが変な奪われ方をされるとたちまちピンチに。ただ足が速い分だけ相手の攻めを防ぐ場面もあった。
FCソウルは浦和の右サイドからの攻めに対抗出来ない、ケアする分逆サイドの宇賀神がノーマークになる、一度あった決定機はクロスバーをはじく。
興梠→ラファ投入、ラファはドリブル突破する際の爆発的なスピードを見せてくれる。関根からの絶好機はGKのセーブに阻まれる。
長澤、ズラタンと投入するが決定機は掴めず。逆に終了間際に、サイド突破こらバイタルがら空き、横浜戦でやられたのと同じ形で、また失点。せっかくの快勝に、水をさした感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月25日 (土)

速報横浜戦

2017シーズン開幕戦は横浜との対戦、守備が堅い横浜はここ数年浦和にとって嫌な相手となっている。
スタメンは、
FWーラファ
MFー興梠、柏木、宇賀神、駒井、青木、阿部
DFー槙野、遠藤、森脇
GKー西川
サブは、榎本、那須、長澤、矢島、関根、李、ズラタン。怪我からの復帰は、シャドウでの起用。主審は山本。
前半、横浜は効率的なプレスで浦和のビルドアップで前3人に繋ぐタイミングでの、プレスで浦和は柏木が下がって鯖ことする為、前でのコンビネーションが出来ない。立ち上がりの宇賀神→青木のダイビングヘッドの惜しいチャンスあり。しかし、攻めては横浜のカウンターを食らう。森脇は斎藤にチンチンにされる。また、斎藤に飛び出されると浦和のDFは斎藤に集中、バイタルがスカスカになってしまう。取られるべくして取られらた先制点を奪われる。その後ラファが絶好機に2度掴むが決めきれず。
後半、浦和はビルドアップでドリブルを使うなどして、プレスに来る横浜を散らすようにする。前のラファ、興梠にシンプルにボールが入るようになる。
興梠がチャンスを決められず。青木が傷んで関根が右WGで駒井ボランチ。関根のクロスをラファがDFをかわして同点。その直後、柏木からラファで逆転、ラファはいとも簡単にシュートを決めてしまうのね。
柏木→那須で逃げ切りに入るが、セットプレーから同点にされ、アデッショナルタイムに斎藤のドリブルから、バイタルがスカスカ、最初の失点と全く同じパターンで逆転されてしまう。ゼロックスで露呈したカウンターへの脆さ、ボールにつられてしまい組織的な守備が出来ていない。ラファのプレーには期待持てたが、守備での脆さが修正出来ていない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 5日 (日)

奄美大島に行って来た

LCCのバニラエアーのセールの片道1990円なるもので予約が取れましたので、かみさんと奄美大島まで旅をしてきました。1月下旬の予約でしたが、予約を取ったのは去年の10月でセールにて本当に運よく予約が取れました。






LCCは成田の第三ターミナルを発着点にしており、これが出来ていわゆるボーディング・ボードだ出来たわけですが、何故かバニラエアーはバスによる搭乗ということでした。第三ターミナルと遠いところかつそこからバスで搭乗、まあ1990円で奄美大島まで行くのだから文句も言えませんか。
成田までは、鹿島遠征で通る利根川水郷ライン&農免道路で行きました。朝早く5時に家をでましたので渋滞は全くなし、2時間で成田の駐車場まで。第三ターミナルで時間をつぶしましたが、バニラエアーはジェットスターに比べても成田での搭乗までの待合室がチープという感じでした。
9:40発成田で若干の遅れがあったものの、12:45には奄美航空に到着。そこらかレンタカーでの2泊3日の旅が始まりました。

Dscf6444Dscf6445 まずは奄美パークに行きそこで、昼食をしました。しかし、そこからの海の景色も本当にきれいでした。ランチは鶏飯といういう選択もあったのでしょうが、いまいち鶏飯の味にはなじめず何故かから揚げ定食を食してしまいました。



レンタカーデ本日の宿となっている、名瀬市内奄美サンプラザホテルをめざしました。まずは、あやまる岬に行きましたが、ここも言葉を失うくらいのきれいばビーチ、泳ぎたい誘惑にかられました。

Dscf6455Dscf6481



 ハートロック、大浜海浜公園を経由して、ホテルに到着しました。ホテルは名瀬市内の中心街にあるホテル、早期に予約したせいかなぜか最上階11楷の海が見える角部屋が用意されたいました。

当日は、ホテルのレストランの割引券やら、ドリンクサービスがあるためホテル内のレストランで夕食を頂く。近くの酒屋で黒糖焼酎の長雲を手に入れることが出来ました。長雲はお湯割りにすると黒糖の独特の香りが目立ち最高ですね。





翌日は、レンタカーにて島めぐり、まずはマングローブの原生林を見学、カヌーとかのアクテビティもあったのですが、年も年だし運動神経に不安あるため見学だけにしました。


ならに島の南部に進み、瀬戸内町の古仁屋まで行きました。フェリーで加計呂麻島に行ってみたかったのですが、行きのフェリーはあったのですが、帰りは5時になってしまい、止む無く断念。道の駅せとうちでランチに刺身定食を頂く。これが結構いけました。

午後は、やどり浜に行きましたが、これもめちゃくちゃ綺麗なビーチ、当日は暑かったので海水浴をしたくなるような感じでした。


続いて綺麗なビーチが続きました。



そして、黒糖かりんとで有名ななんとか製菓、それかられんとで有名な酒蔵を見学。そして、滝を見てしました。


最後は夕陽が沈むサンセットビーチをみて、ぐうたらな観光を行う。


ホテルに帰ると8時近く、奄美大島の時差は1時間以上ありましたね。外で食事も良かったのですが、さすがに疲れていましたので、またホテルのレストランで島の御膳を頂きました。
最終日は、奄美パークとあやまる峠を見学して13:00発の飛行機で成田空港まで帰還しました。LCCのセールで予約した旅行であまり計画も立てずに行ってしまいましたが、それはそれで良かったのかな。次回は加計呂麻島に行きたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月26日 (木)

アウェイ札幌戦の参戦を考えます

昨日、2017Jリーグの日程が発表になった。今シーズンの一番の楽しみはアウェイ札幌戦。前回も前々回も参戦しているんですよね。また、今回逃すと札幌にはいつ行けるか分からない。是非とも参戦したいところです。
発表によると、札幌アウェイ戦は7月29日14:00キックオフ。夏休みシーズンとなり、飛行機はもちろんホテルも高くなってしまう。LCCを調べてみると、28日の前日出発だと、ジェットスターの10:10発千歳12:30着、が良さそう。半日札幌観光を楽しみ、翌日は最終便が19:55ですので、余裕がある日程が組めそうです。
ちょっとその方向で検討に入ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月17日 (火)

阪神大震災から22年

阪神大震災から、はや22年が過ぎました。東日本大震災は発生してもこの経験は決して風化していません、何故かというと、私自身が阪神大震災の被災者だったからです。。
 何故か、私も神戸には何の縁もゆかりも無かったのですが、リーマンの悲しいサガ。転勤を命じられ、神戸勤務しているさなか地震に遭遇してしまいました。 神戸勤務の間は、全くといっていいほどJには興味はありませんでした。さて、95年1月17日は、3連休明けだったと思います。前々日は、のんびりと吉川カントリーでゴルフをしていました。帰りの中国自動車道で夕焼けの色が、おかしいとかそんな会話をしていました。しかし、あんな地震が襲ってくる予兆なのかなとは、夢にも思いもよりませんでした。
 17日の午前5時46分に地震はやってきました。当時、私は兵庫県伊丹市の社宅に住んでいました。地震が起こった時は、当然寝ていましたが、気がついたのは音でした。ものすごい地鳴りが襲ってきて、その後物凄い揺れに襲われました。伊丹の社宅でしたので、最初は飛行機が墜落したのかなと思いました。その後は、何がなにか全くわからなくなりました。揺れがおさまって、一段落したところで、これは地震だったのだなとようやく気ずきました。
 しかし、しがないリーマンとしては、会社のことが心配でした。テレビを見ると、神戸市内は火事で大変なことになっておるようです。当然電車等の公共機関は止まっていたので、自家用車で神戸を目指しました。まずは、伊丹から南下して湾岸沿いのR43号を目指しました。R43号で武庫川をわたりましたが、R43号は通行不能になり、また北へ下りR2号をめざす。R43号を通行できなくなったのは当然ですよね、だって、そう上を高架で走っている阪神高速が倒壊してしまったから。後で現場を見ましたが、不謹慎ですが笑いしか起きませんでした。だって、誰が高速道路が倒壊することなど、想像できましたか? R2号も西宮を過ぎると、夙川あたりで動かなくなってしまい、一路さらに北へ。六麓荘あたりをとおり(六甲山の麓あたりは岩盤がしっかりしているようで、被害はあまり無かったようです)、なんとか元町のオフィスの到着したのは、3時ごろ。当然オフィスに到着してもやることは、何も無し。当日は、これにて解散。
 それからが、地獄でした。神戸かた大阪方面へ移動できる道路はR2号だけで、そこに神戸を脱出する車が集中。翌日の朝になっても、芦屋川あたり。ガソリンを無くなってきてしまい、どうしよもなく中央分離帯の芝生地帯に車を乗り捨てることに。阪急が、西宮北口まで運転を再開したとのことで、約8キロくらい、歩って2時間くらいの距離を移動する。伊丹の社宅にたどりついたのは、翌日の午後5時でした。

 その教訓として、あのくらいの大地震が起こったら、会社に行くなんてことを考えたら駄目。まずは、家族の安全を確保して、次は地域の方々の安全の確保です。無理して、会社にいっても何もすることはありません。無理して、出勤して2次災害に遭遇する可能性もあります。絶対に無理はしてはいけません。
 また家族とも、災害が起こった時の対応について決めておく必要はありますね。当時は、携帯の出始めで固定電話も通じないが携帯は通じたという事象はおこった。携帯は、比較的楽に連絡とれた記憶がおります。しかし、現在ではそうもいかんでしょう、正月のハッピーニューイヤーで通じなくなってしまうくらいだから。
 とにかく、1社会人として、何をなさなくてはならないか。これを行動の基準にしておくべきです。会社に行くより、地域で災害にあい、救出を求めている人がいたら、まずは救出を最優先するべきです。それと、家族は一番大事にするべきです。あのような大災害が起こったら、絶対に会社なんかに出勤したらダメです。2次災害にあう危険もあるわけですから。実家の母親とは12時間近く連絡がとれず、その時のことは今でも責められます。またあの地震が2時間後だったらと思うとぞっとします。2時間後は通勤で三宮駅周辺にいましたので、まず命は無かったでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月15日 (日)

e-taxの準備をする

 今週は少し余裕があったため、久ぶりにブログ更新とe-taxの事前準備をしてみました、今年は、いつもの医療費控除と息子の国民年金の保険料を支払ったが年末調整忘れてしまいましたので、それを申告します。1年前のことだから、いつも最初に手間取るので、今回はその備忘録ということで。
 今年から、申告にはマイナンバーが必要になるということですが、住基カードも有効期間内であれば使用可能なので、今回は住基カードで行います。次回は期限が来るので、マイナンバーカードに切り替えの必要が出てくるようですね。
まずは、国税庁HPの画定申告コーナーにとんで、そこで事前準備のセットアップが必要、事前準備のファイルはその年ごとのファイルが必要となる。WIN10を使っている場合は、ブラウザーはedgeではダメなので、IEで操作必要がある。ファイルをダウンロードする場合は、IEを閉じてから行う。
 次は、公的個人認証サービス利用者クライアントソフト(JPKI利用者ソフト)の確認。これは一度インストールしてあればそれがそのまま使えるので、立ちあげる。ここで、カードリーダーを接続して、有効期限内であることが認証されることを確認する。カードリーダー自体が立ち上がらければ、カードリーダーのメーカーのサイトに行って、最新バージョンのソフトがダウンロードされているか確認をする。suica等は認識されるが、住基カードのみが認識されないということであれば、住基カードカードは回りの電子機器の磁気の影響を受けやすいようなので、影響を受けにくい場所に移動してみてください。これで大抵のトラブルには対応できるものと思います。

以上どうぞご参考にしてみてください。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«暖パンを購入してみた