2018年6月20日 (水)

W杯コロンビア戦

西野ジャパンがW杯で南米勢に初勝利という歴史的勝利を飾ったわけですが、展開からすれば勝たねばならない試合であったことは確かですね。
試合開始わずか3分で、コロンビアDFがPK献上におまけに一発レッドで退場、こうなるともはや勝たねばならない戦いであったわけですな。しかし、流石にランク上位のコロンビア、1人少なくなっても数的不利を感じさせない戦いぶりで、ボールポゼッションはコロンビア、日本もカウンターから乾、大迫の絶好のチャンスがあったが決めきらず。
そうこうしているうちに、FKから失点し同点に追いつかれる。まあ、壁の下からボールを通して来たコロンビアのFKを褒めるべきなのでしょうが、反応が遅れた川島の対応が非常にしょっぱい対応になってしまいましたね。
後半に入ると、コロンビアは前半に同点に追いついたが、これが精一杯で、後半は日本が圧倒的にボールポゼッションを握る。コロンビアもハメスロドリゲスを投入して勝負に出るが、動けない中に動けない選手が入って来たので、日本の優位性は更に上がる。ハメスは相当コンデションが悪かったのでょうな。コロンビアは、ボールも繋げなくなりクリアボールも日本に拾われてしまい、ここいらでコロンビアの勝ちは無くなって来ました。
後は日本が点を取れるか取れないかに興味は移って来ました。香川→本田で反撃に出る。本田は前線で身体を張ってボールをキープする。酒井の惜しいシュートがあるなど日本の優勢は相変わらず。本田のCKから大迫がヘッドを決めて日本が勝ち越し、岡崎投入し、きっちりと守備を固めて日本が逃げ切りました。
ポイントは、試合開始そうそうのPKと退場でしたね。その後、コロンビアの反撃に会うがコロンビアの反撃もここまで。選手交代もいまいち戦局には影響をおのぼささず。最後は大迫がきっちり決めたことで日本は貴重な勝ち点3が転がり込みました。H組はポーランドがセネガルに負け混戦模様でまだまだ油断は出来ない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月19日 (火)

ネットショッピングで液晶テレビを買う

10年以上使っていた液晶テレビを買替えることにしたわけですが、ヤマダ電機のネットショッピングでの購入でした。
注文したのは、13日(水)でしたが、確認メールはすぐに来たが、配送希望日のお伺いメールが来たのが15日(金)、しかも希望日の最初が25日(月)とは、少し時間がかかり過ぎではありませんか?しかも、土日祝日の配送は希望に添いかねるとのこと。しょうがない一番早い25日でお願いしました。
うーむ、でも購入してから到着まで12日はあまりに時間がかかり過ぎのような気がしました。ネットだからしょうがないような気がしますが、ネットはスピードが命です。
そういえば、電子レンジをヨドバシカメラ.comで購入したのですが、取り寄せ商品になっており、手元に届くまで1カ月以上かかったこともありました。
ネットでは、確かに安く購入できますが届くまでに時間がかかるのはちと困る。また、送料
無料ですが、設置料がかかったり、長期保証に対応していない。今回のヤマダの液晶テレビは、6年長期保証無料でしたが、 その辺を良く見極めて、ネットで買うかリアル店舗で買うか検討した方が良いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月18日 (月)

インターネット乗換

今年の2月にスマホを乗り換えだわけですが、その際インターネットもソフトバンクに変えると、ネット乗換割引が効くということでネットもソフトバンクに変えました。
その時の説明では、ネットの工事費はかからないみたいな、説明を受けましたが、利用明細を良く見てみると、工事費で1000円が引かれている。ショップに行くと、平気で1時間くらい待たされるので、ネットでくぐってみると、なんでも開通の証明書を提示して申請するみたいです。
そういう手続きは当初契約時に自動でやってくれるものと思っていましたが、また加入の時の説明でもそんな説明はしてくれなかった。
とりあえず、ネット経由で申請しましたが、開通の証明書が必要のようです。開通後に届くハガキのようですが、そんなものあまり気にしていないので捨ててしまいます。今回は何故だか奇跡的に保管していました。
今回は利用明細を見たから分かったが、ポヤポヤしているとら見逃してしまいます。ネット、スマホ関係の契約は充分に注意が必要ですね。特にソフトバンクは

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月16日 (土)

W杯開幕

W杯が開幕になりました。開幕戦は地元ロシアがサウジアラビアに5-0で圧勝、昨日の注目はポルトガルとスペインの欧州強豪同士の戦い、試合は壮絶な打ち合いになりました。ポルトガルがクリロナのPKで先制すると、スペインはジエゴコスタの個人技同点に追いつく。
ポルトガルはクリロナのハットトリック、スペインも見事なゴールで、3-3の同点で試合終了。W杯の、醍醐味を見せてもらいました。
クリロナは開幕戦からのいきなりのハットトリック、今大会はクリロナの大会になりそうな予感。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月15日 (金)

液晶テレビ買替

2007年に購入した、東芝液晶テレビレグザの買替えをしてしまいました。買った当時は、37型の最新鋭機でした。その後わ、全く具合がよく故障など全く起こりませんでした。買って10年以上故障せず、日本製品の優秀性を物語っていますね。ブラウン管テレビならば、長くもって5年、ソニーのトリニトロンだと3年で壊れてしまう事が多かったので、メイドインジャパン恐るべしですね。
さて、新しい液晶テレビですが、東芝のレグザをまた買ってしまいました。去年の新製品なのですかね、49BZ710を購入しました。音質がパズーガ音質ということで、そこがポイントですね。最近、加齢のせいか耳の聞こえ具合があまりよろしくない、最近の液晶テレビは価格を抑えるために機能を絞っており、スピーカーが前面に設置されていないものが多い中、レグザは音質をうたい、前面スピーカーが設置されているところが気に入りました。
家電店で一応チェックしていたのですが、店頭価格は15万くらいで、もうひとつ下のグレードのものにしようか迷っていました。ところが、価格.comを覗いて見るとかなり安くなっている、購入決意したのは、そういう中で大手家電のネットサイトが軒並みでており、ヤマダ、ビッグカメラ、でんきち、ノジマ、Joshinなどで出品されており、最安価格ではないのですが、送料、設置料、長期延長保証を勘案すると、ヤマダが一番お得なら気がしましたので、ヤマダのネットショッピングで購入しました。
テレビをネットショッピングで購入するのは初めてですが、ヤマダですからまあ大丈夫なんじゃないと言う事です。
取り寄せ商品になってしまい、いつ我が家に届くか今のところ不明ですが、まあ今のテレビが壊れているわけでないので、ゆっくり待つことにしましょう。初期不良でないことを祈って、ごゆるりと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月14日 (木)

W杯開催

W杯がいよいよ開催になりますが。それを前にズペイン代表のロペテギ監督が解任された。何でもレアルの監督になろようですが、それがW杯前に発表されてしまい、それが監督更新契約した契約違反になるらしく、異例の発表になったようです。
イエロが新監督になるらしいですが、彼もレアルのキャプテンを、勤めた名選手であるわけですよね。まあ、事実は小説よりも奇なりという事ですか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月13日 (水)

代表パラグアイ戦

ようやく勝ちましたね。というかやっと点が入った。前半で、パラグアイ先制されたところで、いつものパターンと思われましたが、乾の活躍で逆転にもっていった。ただ、パラグアイDFの、寄せが甘いですよね。最後には香川もゴールを決めて、結果としては良かったんじゃないですか。私の、一勝出来ずに、いや一点も取れずに解任という最悪シナリオは回避されたようです。
ただ、これで本番の戦いに希望が持てることはないと思います。今日はたまたまパラグアイDFが脆かっただけです。今回の一勝に浮かれてはいかんのです。
乾をスタメンで使うことは宇佐美を下げる事になるのですかね。今日メンバー全てを試したわけですが、誰がレギュラーになっても別におかしくないわけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月12日 (火)

西野ジャパン

今日、西野ジャパンはW杯前、最後のテストマッチを行う。今回はレギュラーメンバーからガラリと変更をするようです。西野監督に代わり5連敗で、まともに点を取れる気配が無い。チーム内からは楽観的なコメントが多く聴こえてくる中で、まともな結果を残すことが、できるのかはなはな疑問です。
仮にですよ、今日のメンバーが結果を出したにせよ、このメンツで本番に臨むとは考えにくいし、この後に及んで出ていないメンバーの確かめてみたいとは、
うーむ、緊張感が無いのでは、それから監督自身に当事者意識が欠如している、末期的な様相を呈して来ている。
忖度ジャパン、前回とメンバーの入れ替えもない、今回結果が出ない事が分かっているのだから、次に繋がるメンバーを選んだらどうなのかと思いますが、それもない。
W杯後の代表を考えると非常に前途多難、厳しいものが待っている。アジアでも勝てない、そんな現実が待っているような気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月11日 (月)

西郷どん

NHKの大河ドラマて西郷どんを見ていたわけですが、来週は寺田屋騒動とのことです。寺田屋事件は2回あって、ひとつは薩摩藩同士の斬り合い、そして坂本龍馬が襲撃され命からがら逃げた事件であります。
池田屋事件、近江屋事件とか幕末にはこの手の物騒な事件が多く起こっているわけです。今回の寺田屋騒動で、西郷はまた島流しになってしまう?ここから西郷がいかに歴史の中心に戻ってくるのか、それが今後の大河の見所なんですかね。知ってるようで、知らない西郷、ひょっとして歴史の中心にいる時間は短かったのかもされませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 9日 (土)

速報ルバン杯甲府戦

1stレグはいいところなく敗戦、だけどオリベイラスタイルは何となく出てきている。
スタメンは、
FWー興梠、武藤
MFーマルティノス、直輝、青木、阿部
DFー宇賀神、マウリシオ、岩波、橋岡
GKー西川
サブは、福島、森脇、菊池、柏木、武冨、萩原、李。スタメンは、4-4-2になったのでょうか?森脇、柏木はベンチから。主審は廣瀬。
前半、浦和のフォーメーションは直輝トップ下の4-2-3-1、甲府のDFラインは高いが、裏抜けする興梠をら捕まえけれない。甲府も攻めに出てくるが、やはりフィニッシュが悪い。
浦和が、マルティノスのサイドで有利になる。興梠が、ドリブルからミドルを撃つとGKとDFの視界をすり抜けゴールイン。また、マルティノスの興梠のスペースへのパスで、見事にループシュートを決めて、2試合トータルで追いつく。
前半の早い時間帯で追いついたが、甲府の縦ポンで浦和DFは入れ替わられ、一度は防ぐご詰められ失点、その後は浦和のベースで、進むが得点は上げられず。
後半、マルティノス→柏木、武藤のポストを叩くシュートあったが、甲府に攻められるようになる。李と武冨投入して、柏木を、ボランチにして、4-4-2になったのですが、試合展開に好転はない。試合は硬直、そのまま試合終了。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«天皇杯YSCC横浜戦