2018年8月21日 (火)

夏休み終了

昨日から通常出勤に戻りました。幸いな事に先週末から猛暑もおさまりひと段落で、ほっとしております。
先週は水上温泉に行ってきたわけですが、リラックスしてきました。残念だったのは、モツ煮で有名な永井食堂がお盆休みで食べれなかった事、お土産の販売はやっておりましたのでお土産は買ってきました。旨かったわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月19日 (日)

速報清水戦

とんでもない撃ち合いになってしまいました。清水のリスクを取った攻撃に3失点、しかし、その度に追いつきました。清水のラストプレーは入ってもおかしくありませんでしたね。まあ引き分けで良かったと言う事ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月15日 (水)

速報磐田戦

お盆の、ミッドウィーク開催の磐田戦。上位には2連勝しながら、下位チームに引き分け、負けと寂しい結果に終わってしまった。
スタメンは、
FWーこうろき、ファブリシオ
MFー武藤、宇賀神、森脇、柏木、青木
DFー槙野、阿部、岩波
GKー西川
サブは、福島、萩原、橋岡、長澤、菊池、マルティノス、李。マウリシオはサスペンションで欠場、センターほ阿部ご入る、ここのところお疲れ気味でパフォーマンスが上がらない橋岡に代わり森脇起用、ながさわがベンチに復帰。主審は山本。
前半、お互いに守り重視の構え、カウンターから攻めに人数をかけない戦法。浦和はボールをキープするが、守りを固めた磐田の守備を切り崩せない。
浦和は興梠がDFラインの裏に抜けシュート放つが磐田DFにブロックされる。ゴール正面のFKも、柏木のシュートは壁に当たる。磐田もカウンターから松浦のシュートはポスト直撃。お互いに低調な出来の前半。
後半、磐田は前半に入れ込み過ぎたのか、後半早々に足が止まり、バイタルがスカスカになる。右サイドこら流れたボールを青木がシュート!カミンスキーが一旦はセーブするが、跳ね返りをファブリシオご決めて浦和が先制。その後も、武藤から中央でフリーのファブリシオにパスが通り!ファブリシオが落ち着いて決める。
磐田は、これで攻めに出ざるを得なくなっご、浦和の、餌食にあう。大久保ご入って来たのも火に油を注いだ。柏木→長澤と変えて、CKこら槙野ごヘッドでゲット。森脇→菊池、興梠→萩原と交代、最後は萩原がドリブル突破して、ファブリシオにラストパス、ファブリシオがハットトリックを達成。完勝でしたが、やはり先制したのが大きい。相手が攻めて来ざるを得ない状況を作ることが、今の浦和には必要かと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月11日 (土)

なぜか二宮

今日から夏休みですが、その初日は大学時代のクラブのゴルフコンペがレイクウッドGCで行われるのですが、ゴルフをしない私は飲み会のみ参加になりました。
もうこの歳になると、社畜と言う訳にもいかず、プライベートは会社以外の人と交流をしていくのが大事なようですね。次に会うのは誰かの葬式じゃあシャレにならないから、最低でも年一回は会おうと言うことでゴルフ、飲み会やらで会う事にしています。
ゼミも恩師が3年前に亡くなり、ゼミOB会だけでなく集まろうと言う事になっている。この歳になるとそう言うことが多くなって来ますね。
上野東京ラインで1時間もクロスシートに座っているとケツが痛くなって来ました。二宮まではまだです。帰りはグリーン車で帰ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 9日 (木)

BDレコーダー不調

BDレコーダーの調子が悪くなりました。BDディスクにHDDからダビングが出来なくなりました。市販のディスクは読み込めますが、この機械でダビングしたものは再生出来ない。とうとう、天寿を全うされたようです。
購入して6年、そうそうスカパーのチューナーが内蔵していましたので、この機種に決めました。JリーグがDAZNに変わってしまった為、最近あまり活躍の場面はめっきり減ってしまいました。
今の液晶テレビは外付けHDDがつけられるので、レコーダーはそれごあればほぼ満足、ディスクにダビングして保管しておこうというものは最近はほとんどありません。
一応、最新のBDレコーダーを価格.comで確認してみると、1tの容量で2チューナーで35000円くらいで購入できるみたい。まあ、一応新しいものを購入する計画もたててみますか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 8日 (水)

いきなりステーキに行ってきた

いきなりステーキに行って来ました。大宮駅東口に数年前にでき、行列も出来ており行きたくてもなかなか行けずに、そのうちに火事になつまてしまいました。
その後、上尾にも開店しましたがようやく昨日行って来ました。
ワイルドステーキ300gを食して来ました。肉はオーストラリア産?国内産ではないので、いわゆるさしは入っておらず、赤身のお肉です。国産ブランド牛からすれば、固いのですが、私くらいの歳になると国産ブランド牛は油こく感じてくるので、肉の旨みを味わいたいなら、この赤身くらいがちょうどいい。
やはり、肉は固くナイフでカットするのも難儀しましたが、まあ満足しました。タレも甘辛ともそろっており、トッピングとしてワサビ、ニンニク、柚子コショウなんかもそろっていましたので、飽きることはありませんでした。
この値段で赤身のお肉をがっつり食べられるのならば、まあ満足ですかね。立食いではなく、ちゃんと着席していただけました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 7日 (火)

マーキープレイヤー

本田選手がオーストリアのメルボルンビクトリーに移籍が決定したようです。ミランの10番から、メキシコのパチューカをへての移籍で、なんか都落ちと言う印象は免れません。しかしオーストリアリーグには、マーキープレイヤーという制度があり、何でも年俸は1億7千万以下に制限されているのですが、チームに一人だけこの決まりから除外される選手がいてもよく、本田はどうやらマーキープレイヤーに指定されたようです。
AリーグのチームとはACLで戦うわけですがら、メルボルンビクトリーとは浦和は対戦しましたっけ?あまり記憶にありません。
個人的には、日本に戻ってきて欲しいかったのですが、やはりコストかかりすぎJのチームは獲得に二の足を踏んだのでしょうか?でも本田の、実力からすればまだまだやれると思います。ただ、やはり何か少し寂しい気持ちはします。本田のチームとACLでの対戦を期待したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 5日 (日)

速報長崎戦

広島、川崎と上位チームに連勝して調子が上がるが、今日の相手は長崎。下位チームと与し易いと考えたら大違い、守備が固いから要注意です。
スタメンは
FWー興梠
MFーファブリシオ、武藤、宇賀神、橋岡、柏木、青木
DFー槙野、マウリシオ、岩波
GKー西川
サブは、福島、森脇、萩原、菊池、阿部、マルティノス、李。スタメン、サブとも前節と変わらない。主審は今村。
前半、長崎は5バックで中を固めてくる。しかしファンマがボールをキープ出来るから!その間に武蔵が絡んでくると厄介。
浦和の展開で試合は進む、ファブリシオ、マウリシオが積極的にミドルを狙ってくる。ファブリシオ→興梠、ファブリシオ→武藤の決定機2度あったが決めきれず。
長崎はただ守っているだけでなく、カウンターから攻めに人数をかける時は、かけてくる。ただ後半は運動量が落ちてくるだろう。
後半、展開は前半と同じだが、試合のベースは長崎ですな。浦和は長崎のDFラインを崩せないまま時間が過ぎる。武蔵のゴールポストを叩いたシュートが決まっていたら、完全に長崎のゲームプラン通りでしたな。
浦和は、阿部のスキルフルのパスから武藤がゴールネット揺らすがオフサイド。選手交代も少し手を入れたが、好転なし。まだまだですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 2日 (木)

ACLが見えてきた?

昨日の川崎戦の勝利で、勝ち点27の7位まで順位を上げる事が出来ました。3位の川崎が、消化試合が1試合少ないながら勝ち点33ですから、数字的にはその差6で連勝連敗で追いつけACLの出場権も現実的になってきた。
シーズン当初の、惨憺たる結果、降格争いにズッポリハマりそうな予感がありましたが、ようやく脱出出来そうです。監督が、オリベイラに代わり、中断期間に積んだ厳しい練習の成果が出てきたということなのでしょう。勝ちに徹底的にこだわるオリベイラ戦術、基本的には守備に重きをおくことを基本にしていますね。
夏場でどうしても運動量が落ちてくると、中盤に阿部、森脇らを入れてスペースが出来ないようにする。FWも守備を要求されるから、まあそうなるのでしょうが、攻めの選手に代わっても、攻めのデンポが逆に良くなる。まあ、面白い結果^_^てるものです。対戦相手そしてそのサポらすれば、いやらしい戦法てますが、これでいいのだと言う感じですね。8月はこの調子で突っ走って欲しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 1日 (水)

速報川崎戦

前節は首位を独走するの広島に快勝、その手が川崎にも継続するがポイントです。
スタメンは、
FWー興梠
MFーファブリシオ、武藤、宇賀神、橋岡、柏木、青木
DFー槙野、マウリシオ、岩波
サブは、福島、森脇、阿部、菊池、萩原、マルティノス、李。スタメンは広島戦と変わらず、サブも変わらない。主審は
前半、浦和は川崎DFの目測誤りから武藤が裏に抜け出し、中の興梠に合わせて先制。
その後は川崎にぼをキープされるが、中をしっかり固めて川崎の、攻撃を許さない。しかし、小林との1on1、フリーのヘッドをセーブ、西川のおかげで無失点でしのぐ。
後半、川崎がボールをキープ!セカンドが拾えなくなり厳しい展開ご続く。だが、オリベイラはいつもの通り、阿部、森脇を入れて修正測る。川崎何故か中村下げてしまう。ボールの出してがらさ大島だけになり守る方も楽になった。橋岡のパスミスを拾われて絶体絶命のピンチを西川がナイスセーブ。
最後に入ってきた李がドリブルから粘ってPKゲットして、ファブリシオが決めて浦和が、快勝。選手に自信が出てきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«明日は川崎戦