2018年10月20日 (土)

速報鹿島戦

これで今期の行方が決まってくる、ACL圏内に残るに勝たねばならない試合

スタメンは、

FWー興梠

MFー武藤、柏木、宇賀神。森脇、青木、長澤

DFー槙野、マウリシオ、岩波

GKー西川

サブは、福島、茂木、武冨、柴戸、阿部、ナバウト、李。橋岡、萩原はU20で欠場。森脇が久しぶりのスタメン。主審は、荒木。

前半、中断の間のトレーニング成果なのか、立ち上がりから浦和の攻めは小気味良い。前線で興梠がキープして、上がってきた森脇がシュート、武藤のトリッキーな動きからのシュート、中央でボールを繋いでの長澤のシュート、宇賀神クロスこらの興梠シュート。どれが入っていてもおかしくない。

ところが、鹿島にきっちりとワンチャンスを活かして、サイドに振って西が先制ゴールをあげる。いつも見たような風景です。

後半、浦和が見違えるように決定機を決める。CKから岩波がゲット。更に中央からドリブルで相手をかわして、武藤が見事なミドルを決める。

しかし、ここからは鹿島にボールをキープされて、決定機を再三作られたが、粘り強く守る。防戦一方にねるが、ナバウト、阿部、柴戸と入れて鹿島の攻撃を跳ね返す。最後は、逆襲がドリブル突破して鹿島の息の根を止める。まことに痛快な鹿狩りでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 9日 (火)

仙台戦

遅報になってしまいました仙台戦、まあ何と壮絶な肉弾戦となりましたね。主審のアレなのですが、これでは選手も厳しそう。仙台のほぼ半袖とも思えるチャージに対して余りに笛はならない。青木と興梠が痛んでしまいましたね。
試合的には、失点場面のセットプレーは何とか抑えようがあったような気がしないでもないです。
怪我人、そしてu19で選手のやりくりは厳しいと思います。ACL圏内を目指して是非とも最後の一踏ん張りを期待します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 5日 (金)

TL40

TL40
とうとう最高レベルの、TL40に到達しました。最初は確か2年前のアウエー鹿島戦の並びの時に、暇つぶしに始めたのが最初でした。その後何故かはまってしまいました。カビゴンダッシュ、ラプラスダッシュようやりましたね。やっぱ一番は、ミニリュー狩りで不忍池に行ったことてますかね。横浜のリアルイベントは良かったです。ただし今年の横須賀はハズレでした。
今日からはレベル上げの事は気にせずマッタリとやります。サブアカウントを作るのはルール違反のようですが、やはり最近の友達システムを考えるとお得の様な気がします。実際、レイドで複数のデバイスを叩いているのが最近目につくようになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 4日 (木)

5G

通信の企画が大きく変わるようですね。通信の、容量が劇的に増える。ネットのインフラが大きく変わる事によって、車の自動運転あるいは医療などにと適用で来るようになるようです。
便利になるのは分かるのですが、通信容量が大きくなればその分、料金は上がる事は止むを得ない事ですよね。実際、私はソフトバンクのギガモンスターを契約しているのですが、月間の使用可能パケットは50Gですから、ほぼパケットの容量を気にせずに動画も楽しめる。
当然のことながら、50Gに変わるに当たり料金が上がるのではいただけない。その辺、競争が大手の会社でキャリアで起こるに違いないと思いますが

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 3日 (水)

U19アジア選手権

今月の18日からインドネシアで開催される。アジア予選を突破すれば、ワールドユースへの出場権が与えられる重要な大会です。その大会に浦和から、橋岡、萩原の2選手が選出されました。
18日からの開催ですと、鹿島戦とG大阪戦は出場出来ないようです。橋岡は右サイドでレギュラーをはっており、西川のキックのターゲットにもなっており、浦和としては無くてはねらない存在になってきております。
萩原もそのスピードで左サイドからのアタッカーとして貴重な戦力となっている。
橋岡の代わりは森脇が故障から復帰してきている。ACLの出場権が見えてきた現在、現有の戦力で何とかうまくやりくりをして欲しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 2日 (火)

台風一過

日曜日の柏戦は台風のため根性のない私は埼スタ観戦を諦めました。埼スタを欠席したのは3年ぶりくらい、確かウィークデイで雨が降っているG大阪だか磐田戦だった様な気がします。
観客は神戸戦の半分の入りで、試合展開もスリリングなものでこういう試合はサポは盛り上がるものです。ウィークデイ開催のACL、特にノックアウトステージの試合、こういう試合の方がスタジアムの一体感が高まる。
でも、試合開始が14:00でしたからまだ帰宅の足はありましたが、これが18:00開始でしたら完全にアウトてましたね。というか、JR東が20:00での運休を決めたのは正午過ぎで、試合をやるかどうかの決断を下すには遅すぎるてましたね。
自家用車の誘導もしたようで、シャトルバスは埼スタからイオンの交差点まで1時間かかるの?それは何とかしないといけないです。かくいう私も自家用車ですが、駐車場は浦和学院そばで埼スタまでは徒歩で15分かかりますが、試合終了後の混雑とはほぼ無縁です。まあ、埼スタの快適さを求める活動は、今後も続いて下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月30日 (日)

速報柏戦

台風の中の柏戦、ホームの埼スタ3年振りくらいの欠席です。
スタメンは
FWー興梠、武藤
MFー宇賀神、橋岡、柏木、青木、長澤
DFー槙野、マウリシオ、岩波
GKー西川
サブは、福島、茂木、萩原、阿部、柴戸、ナバウト、李。スタメンは前節と同じらサブにナバウトが入る。主審は松尾。
前半、台風の影響でJ1は2試合が中止となり、唯一開催された一戦は浦和レッズがエースFW興梠慎三(32)の2得点で競り勝ち、勝ち点を41にのばした。
前半35分に柏レイソルがFWオルンガのゴールで先制。浦和もすかさずMF長沢和輝が3分後に取り返し、1-1とした。同点で迎えた41分。浦和は興梠の鮮やかなループシュートで逆転に成功する。敵陣でのプレスで相手の連係を乱すと、こぼれたボールを拾ったFW武藤雄樹のスルーパスに興梠が反応した。裏へ抜け出すと、走りながら相手GKの立ち位置を確認。ペナルティーエリアの外からダイレクトでやわらかくボールを浮かせると、前に出ていたGKの頭上を越えてゴールに吸い込まれた。利き足でない左足での技ありゴールだった。後半に入り、視界が悪くなるほどの雨が降り出した中、ゴールは柏に生まれた。15分、FWクリスティアーノの左クロスをFW瀬川祐輔がヘッド。ゴール左へ決めて追いついた。対する浦和は同21分に興梠がペナルティーエリア内から右足で狙うも、たたきつけたシュートはクロスバーに直撃した。両者ともに疲労の色が濃くなった36分、決勝ゴールを奪ったのは興梠だった。DF宇賀神友弥の左クロスを逆サイドで拾った武藤が再度クロス。中央でフリーだった興梠が右足ダイレクトで決めた。5分間のロスタイムも柏の反撃をしのぎ、このまま試合終了。中位の混戦を抜け出してのACL出場圏である3位以内へ望みをふくらませた

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月28日 (金)

SNS拡散

ヴィッセル神戸は27日に更新した公式ホームページ(HP)で、DF高橋峻希(28)が24日から自宅謹慎中とした。
23日の浦和戦をMFアンドレス・イニエスタ(34)が欠場。その情報が試合前にSNS上で拡散される騒動があり、高橋がその発信元の可能性がある。同HP上で「第三者による調査を進めており、本人に聞き取り調査等を行っている」と伝え、その結果についてはあらためて報告するとした。SNSの怖いところでよね。本人は何の気なしにやってしまった行為がSNSを通じて拡散してしまう。他山の石としなくてはいけない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月27日 (木)

天皇杯8強揃う

天皇杯はベスト16の残り2試合が行われた。鹿島がJ1首位の広島を延長の末に2-0で破り、3大会連続で準々決勝へ進んだ。磐田は札幌に4-2で勝ち、2大会連続の8強入り。
準々決勝で鹿島はJ2の甲府と対戦し、磐田は仙台との顔合わせとなる。鹿島はこれで、ACL、天皇杯、ルバン杯と全て勝ち残っており、リーグ戦もACL圏内で今後のスケジュールがもう大変、殺人的スケジュールになるでしょうな。この時期になってチームの観戦で忙しいというのは羨ましい限りです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月25日 (火)

ダイソン掃除機の使用感

先日、ダイソンのハンディクリーナー、v6 triggerを購入しました。その使用感をまとめてみたいと思います。
大きさ、重さは思った以上に重くない。結構な重量感はありますが、思っていた以上に大きさもなく、パパッと使えて、そこは良いところです。
ハンディクリーナーですので、同袍されているアタッチメントなのですが、標準のブラシに布団用、スキマ用、ハードブラシというのですか、合計4個ついています。標準のブラシを使うと結構な吸引力ですじゅうたんやラグにかけると、吸い込んでいる感がハンパないです。
次に布団ですが、アタッチメントは少しちゃっちいブラシとなります。ベッドはいい使用感ですね。非常に使いやすい。布団になると吸引力が強いので、カバーを吸い込み少し使いづらい、吸引力をMAXではなく普通にするのが良いような感じですね。
次は、車ですね。車の車内清掃はなかなか綺麗にするものがないなか、ダイソンは良い。洗車場にあるクリーナーだと吸引力が弱く、全然ゴミを吸った気がしないのですが、これは綺麗になります。フロアマットのゴミも良く吸ってくれます。
非常に使いやすいし、さすがにダイソンという感じなのですが、しかしバッテリーの持続時間が余りに短い。v6ですと20分です。満タンに充電するには3時間半かかります。これではメインの掃除機にはなりませんね。最新のv10ですと1時間持つようになっているとのことです。ただ値段か最新の機種は高い。v6ですと サブ機として使用するのが良いのでしょうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«速報神戸戦